加古川エリアで歯周病を治療するなら「はやし歯科医院」。ホワイトニング・インプラント・レーザー治療

はやし歯科医院
〒675-1112 兵庫県
加古郡稲美町六分一1179-127
フリーダイヤル : 0120-182-884
TEL : 079-495-3784
Fax : 079-495-3786
診療時間
AM 9:00~1:00/PM 3:00~7:00
休診
木曜・土曜午後/日曜・祝祭日

HOME > 予防はっぴぃくらぶ > 虫歯の原因

スタッフブログ

虫歯の原因は何か?(8020ネットから引用)

2007.09.03

[ 虫歯の原因 ]

◆◆◆虫歯の原因◆◆◆

結論から言いますと、虫歯の原因は細菌です!そして虫歯を悪化させてしまう最大の原因は「虫歯の存在を知っていて放置すること」です。このような言い方をすると叱られそうですが、それが事実です。
歯周病と同様に、虫歯も細菌の感染が原因ですが、それぞれ別の原因菌が存在します。

代表的な虫歯の原因菌は「ストレプトコッカス・ミュータンス」です。通称Sミュータンスとか、ミュータンス菌と言われています。では、実際にどのような過程を経て、虫歯を作っていくのでしょうか。みてみましょう!

◆◆◆槍は持っていなかった!◆◆◆

虫歯に関するポスターや子供向けの絵本などには、必ずといっていいほど虫歯菌のキャラクターが槍で歯を突っついているイラストが掲載されています。当然、大人はその姿を鵜呑みにすることはありませんが、小さなお子さんですと結構、信じ込んでしまうものです。かつて私もその一人でした(笑)。

では、虫歯の原因となる細菌達は槍ではなく、どのようにして人体でもっとも硬い組織といわれるエナメル質を崩壊させてしまうのでしょうか?この内容をこと細かく記載しますと、それだけで本が一冊書けるほどのボリュームになってしまいますので、大まかなプロセスだけを分かりやすくお伝えしたいと思います。



◆第一段階 感染◆
歯の表面に細菌が付着します。細菌は倍々方式で数を増やしていき、歯磨きなどの機械的清掃を行わない限り除去できません。



◆第二段階 糖を分解◆
細菌は酵素使って、食べ物などによって取り込まれた糖(ショ糖)を分解します。



◆第三段階 酸を産生し不溶性グルカンを形成◆
分解された糖分は様々な代謝を経ていきながら、細菌が分泌する酵素の力を借りて酸と不溶性グルカンを形成します。細菌は自ら産生した酸と不溶性グルカンを温床として、さらにその数を増していきます。



◆第四段階 エナメル質を脱灰◆
産生された酸は、エナメル質表面のCa(カルシウム成分)を奪い取っていきます。これを脱灰と言い、虫歯の第一歩となります。さらに、酸を内側に閉じ込めるようにその上を新しく作った不溶性グルカンで取り囲みます。

◆第五段階 実質欠損◆
脱灰が進むとCaイオンが抜けるだけではなく、エナメル質そのもを崩壊することになります。いったんエナメル質に欠損をきたしますと自然治癒しません。



お分かりいただけましたでしょうか?槍ではなく、酸で歯を溶かしているんです。細菌のほとんどは歯の表面に付着したのち、糖分と接触した時点で瞬時に酸を産生すると思っていただいて結構です。つまり、食後やおやつの余韻を楽しんだ後はできるだけ早めに歯を磨くことが虫歯の予防につながるということです。


←前のページに戻るこのページのTOPへ↑

加古川で歯周病を治療:はやし歯科医院